白ニキビが顔中に大量発生!悪化前に対処して肌キレイ

白ニキビが大量発生&ブツブツだらけ!対策方法を紹介

*

白ニキビが顎にできる3大原因とは

   

顎の白ニキビだけがいつまで経っても治らない。頬とかは思いの外スムーズに治ったのに。そんな時には顎に白ニキビができる原因を確認しておくことで治すためのきっかけをつかめるかもしれません。

①乾燥

顎の白ニキビの原因を説明する上で絶対に欠かすことが出来ないのが「乾燥」です。白ニキビといえば脂というイメージを持ちやすいかもしれませんが、顔の中でも下の方は乾燥している事の方が一般的です。

顎や口周り・フェイスラインなどのUゾーンと呼ばれる場所ですね。思春期の成長期を終え大人になるにつれて皮脂分泌が落ち着いてきてさらに乾燥してきます。

 

お肌が乾燥するとターンオーバーと呼ばれるお肌の生まれ変わり機能が上手く働かなくなって、少しずつ毛穴の角質層に古い細胞が蓄積していきます。硬く分厚くなった角質層は上手く老廃物を体外へと排出できないようになり、簡単に白ニキビの原因である毛穴詰まりを引き起こしやすくなってしまうんですね。

さらにお肌が乾燥を感じ取ると、それをカバーしようと皮脂分泌を始めますが、毛穴が非常に詰まりやすくなってしまうため皮脂がそのまま毛穴に詰まって顎の白ニキビを引き起こすことも。

 

乾燥を原因として自動的に白ニキビができるメカニズムができあがってしまうんです。非常に厄介な原因と言えます。

 

②ホルモンバランス

さらに大人になると増える顎の白ニキビの原因としてストレスなどを原因とするホルモンバランスの乱れも忘れてはいけません。

ストレスがたまって交感神経が優位になるとストレスを抑えるための「抗ストレスホルモン」が分泌されますが、この時同時に男性ホルモンも増えてしまいます。

男性ホルモンには皮脂分泌を促す作用があるため、乾燥したお肌の皮脂詰まりを促進してしまう結果を招きます。

 

③生活習慣の乱れ

そして顎や口周りなどの白ニキビの原因としてよく言われるのが生活習慣の乱れです。睡眠不足などは身体の緊張状態を高めてホルモンバランスに悪影響を与えます。その意味ではホルモンバランスの乱れとも密接に関わってくる要素と言えます。

運動不足もストレスをためこむ原因の一つになったり、不眠症を招く原因になるという意味ではホルモンバランスの乱れと切っても切り離せませんね。運動をしっかりと行うことで食欲や栄養の吸収にも好影響を与えます。

 

そして食生活。これが最もよく言われる原因の一つですが、清涼飲料水やスナック菓子などの余計な脂質や糖分は長期的に健康に不安を与えるだけではなく、皮脂分泌を招く原因になります。

好きな食事を我慢してまで脂っこい食事を抑えるというよりは、お菓子を食べないようにしたり、就寝前2時間は何も食べないようにして睡眠の質を高めるなど、基本的なルールを守る事から始めると挫折することなく生活習慣の改善が出来ると思います。

 

睡眠・運動・食事はそれぞれ密接に関わっていて、どれか一つを改善するだけでも全ての要素に好影響を与えます。自分の中でも特に気になる習慣があれば、まずは一つに絞って対策を行うことで想像以上に良い結果がもたらされるかもしれません。

 

④最も大切な対策は乾燥ケア

顎の白ニキビの原因になりうる事を3つの切り口から紹介してきました。どれも最終的には「皮脂分泌→毛穴の詰まり」という流れで白ニキビを引き起こすことに変わりはありません。

そう考えるとそもそもの皮脂分泌を抑えることが最も有効な対策に感じるかもしれません。しかし、上述したように皮脂分泌のトリガーとなる要素はあまりに多すぎます。

全てをしっかりと対策しようと思うとかえって負担が増してストレスがたまってしまったり、挫折して嫌な気分になる人の方が多いと思います。

 

そこで私が考える最も有効な対策方法が「乾燥ケア」です。お肌に潤いを保って毛穴の機能を正常に保つことで、ちょっとした皮脂分泌が引き起こされたところでしっかりと体外に排出できるようになるからです。

皮脂分泌という入り口はたくさんあって対策が難しくても、乾燥ケアさえ押さえておけば、ほとんどを無かったことに出来ます。最も効率的な対策として乾燥ケアを検討してみるとてっとり早い解決へとつながるかもしれませんよ。

 - 白ニキビ 顎 , ,