白ニキビが顔中に大量発生!悪化前に対処して肌キレイ

白ニキビが大量発生&ブツブツだらけ!対策方法を紹介

*

白ニキビにクレアラシルは効果的?乾燥肌の方は注意が必要?!

   

白ニキビにクレアラシルは効く?

白ニキビ クレアラシル

クレアラシルはニキビ治療薬だけではなく、今では洗顔料やジェルもあって特に思春期ニキビ対策として人気があります。

 

⇒そんなクレアラシルですが、ニキビの初期症状である白ニキビにも効果的なのでしょうか?

 

まず、昔からあるニキビ治療クリームですが、イオウが有効成分として配合されていますね。

イオウには角質柔軟作用があり、白ニキビの原因となる角質汚れを取り除く働きがあるため白ニキビにも効きます。

 

そして、洗顔クリームや泡洗顔はダイレクトに毛穴汚れを落とすので白ニキビに対して有効です。

(ピーリングにも使われるサリチル酸が強力な角質柔軟作用を持っています。)

 

ジェルなら「オトナ肌対策 薬用 アクネジェル」にはレゾルシンが配合されていて、こちらも角質軟化作用があるため白ニキビに効果的です。

 

⇒このようにクレアラシルの商品ラインナップは白ニキビに対してよく効くと言えます!

 

近所の薬局のニキビ治療コーナーに行けば、ほぼ確実にクレアラシルは売っていると思うので購入を検討したいですね!

 

クレアラシルは思春期ニキビ向け?

クレアラシルを使えば100%白ニキビが治るなら良いのですが、実際はそうではないのが困るところです。

ニキビは薬と化粧品を使っても全然治らないことがあって、それがわたしたちを本当に苦しめます。

 

肌に合う合わないや、生活習慣に原因があることもあるからです。

とくにクレアラシルの場合には、イオウやサリチル酸のように有効成分の効果は強めです。

効果が強いなら良いじゃん!と思う方も多いと思いますが、毛穴の必要な皮脂まで落としてしまうと乾燥を悪化させる原因にもなります。

 

イメージとしては思春期の男子高校生くらいオイリー肌なら合いやすいのですが、肌が乾燥しやすい人には強すぎる可能性もあります。

最近では10代でも肌の乾燥に悩む方が増えてきていると思うので、乾燥肌の場合にはほかの対策方法も検討したいところです。

 

皮膚科の処方薬であるディフェリンゲルや、洗顔料をもっとやさしいものに変えるといった方法がおすすめです。

もちろんクレアラシルの治療薬を使う場合であっても、予防ケアとなるスキンケアはしっかり見直した方が安心です。

薬を使って治しても予防ができなければ繰り返してしまうだけだからです。白ニキビができる度にずっと薬を使い続けるのは肌に負担もかかります。

 

中心となる洗顔石けんは特にこだわって選んでいきたいですね!

>>>たとえば、こんな洗顔石けんは知っていますか?

 - 白ニキビ 薬 ,